格安SIMで、お得にスマホが維持できます

格安SIMや格安スマートフォンという言葉を耳にしたことがある方は多いのではないでしょうか。

格安SIMや格安スマートフォンは、ほぼ同義で使用されており、維持費の安いスマートフォンや、それに使用することができるSIMカードについて指すことが多いようです。

格安SIMカードは、NTTdocomoや、auの回線を使用して通信を行うことができる一方、価格はそれらのキャリアでスマホを維持するよりも格安で使用することができるため、ここ数年かなりのスマホユーザーが格安SIMの契約に切り替え、または新規で契約しているようです。

格安SIMは、プロバイダーで利用契約を行うことができます。初期手数料は3000円程度の事が多く、私の契約しているIIJも3000円の初期手数料がかかります。格安SIMを利用するためには、白ロムと呼ばれる、キャリアのロックがかかっていないスマートフォン本体が必要となりますので、あらかじめ用意しておくと良いでしょう。

私は、オークションで中古の白ロムを8000円ほどで購入しましたので、初期導入費用は10000円ちょっとですみました。2年縛りの終わったdocomoやauのスマホをお持ちの方は、購入の必要はありません。

私が契約しているプランは、本来1Gバイトで1000円くらいの維持費であるデータプランだったのですが、プロバイダー同士の熾烈な価格競争により、どんどんユーザーに有利な条件に変化し、現在では同じ金額で2GBの通信が可能です。

データ通信は、LTEですので、キャリア契約のスマートフォンと全く遜色ありません。又、IIJの場合は手動で低速と切り替えることもできますので、LTEを使用する必要のない通信は、LTEの容量を節約できるため、便利な機能です。この操作は、IIJ専用のアプリから行うことが可能です。

IIJでもっともおすすめな点は、使用しなかった分を翌月に繰り越せる点です。ガラケーとの二台持ちでも月々3000円程度ですので、スマートフォンの維持費を抑えたいユーザーにはおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です